あんずの花

あんずの花って見たことありますか? 私は今日、初めてあんずの花を見ました。こんな花です。

Photo
梅や桜にも似た花の形、柔らかなピンク色の花。春らしい可愛らしい印象の花でした。桜より低木のようです。

Photo_2
あんずの品種によって、花の色合いが少し違います。基本的にピンクのお花のようですが、桜のようなごく淡い色合いの優しいピンク色もあれば、少し濃いめの可憐な雰囲気のピンク色の花もあります。

このあんずの花が咲いている場所は、福岡県福津市にある、あんずの里運動公園です。2500本のあんずの木があるのだとか。

Photo_3

あんずの花がほぼ満開とあって、公園内には散策に来ている方や写真撮影に来られている方も多かったです。ご高齢のご夫婦らしき方が、仲良く並んで歩いているのを見て、年齢を重ねても、季節の花を一緒に楽しむことができるって素敵だな、と思いました。

雪の太宰府天満宮

今日の午前中、晴れていたので太宰府に出かけました。が、電車で移動している間に、どんどん雪が……。自宅を出た頃には晴れていた空が、太宰府天満宮に到着した頃には雪が舞っていました。

Photo

2月中旬だと、大宰府の飛梅(道真公を慕って、都から飛んできたという梅の木。早咲きの梅です)が見頃になっていることが多いのですが、今年は梅の開花の時期に寒い日が続いたからか、まだ全く咲いていませんでした。下の写真では白い花のようにも見えるのは、雪です。

Photo_2

福岡県で生まれ育った私は、道真公も飛梅も大好きです。雪の太宰府は寒かったですが、雪ならではの美しさも見ることができました。また飛梅が咲くころに、訪れようと思います☆.。.:*・°

恭賀新春

新年の御祝詞を申し上げます。

年の始めをどのようにお過ごしでしょうか。私は、島根県の津和野で新年を迎えました。元旦に、太皷谷稲成神社を訪れました。

通常は「稲荷」と表記するお稲荷様ですが、津和野の太皷谷稲成神社は「稲成」と表記します(読み方はどちらも、「いなり」です)。稲成の「成」には、津和野藩主亀井矩貞公の思いにより、お願い事がよく叶う、つまり願望成就・大願成就などの意味が込められているのだそうです。

このブログを訪れて下さっている方々や、私とこれまでご縁のあった方々、これからご縁のあるであろう方々すべての願いが成就しますように☆.。.:*・°

Photo
※太皷谷稲成神社境内にて撮影

長崎県平戸市のカトリック教会

長崎県平戸市にあるカトリック教会を訪れました。最初に訪れたのは、田平天主堂。煉瓦造りが美しい建物です。この教会は、私のお友達が「とても素敵な教会だった」と教えてくれて、ぜひ一度訪れてみたいと思っていた場所です。何枚か写真を撮りましたが、その中には教会の屋根の十字架が輝いているかのように光がかかったものもありました(その写真は、私の所属している鑑定会社インフィニティブログにアップしています)。

Photo
次に訪れたのは紐差教会。良いお天気に恵まれたので、青空もとても美しかったです。

Photo_2
紐差教会裏手にあった、十字架とマリア様の像(後姿)。十字架を見上げているマリア様の姿を見ていると、悩み苦しんでいる時に、神様と対話している人間の姿のように見えました。悩んで苦しい時に、神仏にすがりたくなることって、生きていると誰でも一度はあると思います。そういう時、努力出来る事を精一杯やって、もうそれ以上どうしようもなく感じる時、目に見えない何かにより頼みたくなっても、それは決して悪いことではないと私は考えています。

Photo_9

何か(神仏や目に見えない存在)に頼ることで、前を向いて、上を向いて人生を歩くことができるのなら、それだけで、神仏が存在する意義があります。神仏に頼る事や目に見えないものを信じることを「他力本願」と言って嫌がる人もいるけれど、「なんでも自分の力で出来るはず」と考えるのも、ある意味、おこがましい考えのようにも感じられるからです。だから、悩んでも苦しんでもいい。神様に頼ってもいい。それで堂々と立って、前を向いていることができるのなら、それは素晴らしいことだと思います。

次に訪れたのは、平戸教会(平戸ザビエル記念教会)です。

Photo_4
Photo_5
お庭に、ルルドの奇跡(聖ベルナデッタの前に、マリア様が出現した様子)を模した様子が作られています。マリア様にひざまずいて祈る少女、ベルナデッタ。自分を低くして、マリア様を仰ぎ見る姿は、「控えめであること、謙遜さが、大切なメッセージを受け取れる」ということでもあるのかもしれない、と思いました。

最後に訪れた山田教会。こじんまりとした教会です。
Photo_7

長崎県は、カトリックの中でも、殉教があったり、隠れキリシタンが信仰を密かに続けていたりと宗教上の歴史の重みがあります。だから、日本の中でも、長崎県の教会は、他の地域とはまた違った趣があるように感じました。

インフィニティブログにも、今回訪れた長崎県平戸市の教会の写真をアップしています。良かったらそちらもぜひご覧くださいね。

蓮の花の季節に

大分県臼杵市にある、石仏公園に行ってまいりました。

ここには、国宝に指定されている、石仏があります。

Dsc08626
Dsc08612
石に彫られた仏様のお顔を拝見していると、慈愛や厳しさ、思慕のようなものを併せ持っているかのような表情に見えます。穏やかなお顔の中に、いろいろなものが感じられるような気がします。

この石仏公園には、石仏だけでなく、蓮畑もあります。

Dsc08557

Dsc08587
仏様の像の麓にある蓮畑。その蓮畑から、蓮の花の甘い香りが漂います。その光景を眺めながら、仏教で言う極楽浄土って、このような場所なのかもしれないな、とも思いました。

今月・来月はお盆の季節でもありますね。一部の地域以外は、来月半ば頃がお盆の地域が多い事でしょう。私の父の命日がもうすぐなので、石仏と蓮の花を眺めながら、先に旅立った魂は、今頃どうしているのだろうかと想いをめぐらせました。

嘉祥陽春

美しくあたたかな春をお喜び申し上げます。

2017年も、どうぞよろしくお願い申し上げます☆.。.:*・°

Photo

「占い師の部屋」での鑑定は終了しました。

2003年より、インターネット上の占いサイト「占い師の部屋」で受け付けていたチャット鑑定・メール鑑定は、本日をもって終了させて頂きました。長い間、占い師の部屋を通して、ご依頼いただいていた相談者の皆様、並びにスタッフの皆様に感謝申し上げます。

占い鑑定業そのものは続けておりますが、インターネット上での鑑定を続けていくことが当面の間、難しくなり、対面鑑定のみ、継続して行ってまいります。

なお、電話鑑定会社インフィニティにて行なっている、遠隔レイキヒーリングは今後も受け付けていますので、これまで同様、よろしくお願いいたします。

お花見

今日の福岡は、絶好のお花見日和でした。福岡市内の桜の名所の一つである、舞鶴公園でお花見♪
Photo
桜は今が満開です。お堀のそばで咲いている桜も美しいです。
Photo_2
桜の淡い優しいピンク色は、遠くから眺めても美しいけれど、近くでお花を見ても可憐ですよね。
Photo_3
下の写真は、ソメイヨシノではなく、他の品種の桜です。品種名は……わかりませんでした(^^;
Photo_4
今年の桜は、例年よりも花がたくさん咲いて「たわわ」な雰囲気の木が多かったように思います。
Photo_5
毎年のように、春に桜の花を見ますが、年によって花の付き方は違います。今年のように、花がこんもりと豊かに咲いている年もあれば、それほどでもない年もあります。でも、だからと言って、桜の価値が下がるわけではないのです。どんな年でも桜は桜。美しい日本の春を彩る美しい花であることに変わりはないのです。

人間も同じだと思います。その人の実力をより多く、十二分に発揮できる年もあれば、そうでもない年もある。でも、その人の本質的な価値が下がるわけではありません。どんな時でも、その人はその人としての価値があるのです。

どんな時でもあなたはあなた。あなたらしさを失わないように、自分らしさを失わないように。誰でも本来の美しさを持っています。その美しさを失わないように生きていきましょう。

どうぞ素敵な春をお過ごしください☆.。.:*・°

桜の花

今日は暖かい一日でしたね。

街を歩いていたら、明るい日差しの中で、ビルの谷間に咲いている桜の花を見つけました。
Photo
ソメイヨシノとは違う品種のようで、ソメイヨシノよりも濃いめの桜色に、少し大きめの花びらです。こんもりと咲いているさまがとても可憐です。

Photo_2
街中にいても、光を感じ、春の訪れを知る事が出来ます。私達は、どこにいても、光を感じ、街中に咲いている桜のように、どこにいても花開くことが出来るのだ……そう思いました。

太宰府天満宮の飛梅

私は生まれも育ちも福岡県なので、菅原道真公には思い入れがあります。今月2回目ですが、本日、太宰府天満宮を訪れました。

道真公を慕って飛んできたと伝えられている飛梅は、本殿のすぐそばにあり、今が満開です。
Photo
今、太宰府天満宮には、飛梅のほかにもたくさんの梅の花が咲いています。ピンクのしだれ梅は、飛梅の白い花とはまた違った美しさがあります。
Photo_6

そして、今日は菅原道真公の御命日でした。
Photo_2
上の写真の看板にあるように、僧侶による「神前法要」が執り行われます。
Photo_3
僧侶が本殿に向かっているところです。神社で僧侶を拝したのは、私は今日が初めてです。
Photo_4
遠くから、法要のご様子を撮らせて頂きました。法要の間、本殿のそばで咲いている飛梅の白い花びらが、はらはらと風で舞いました。その様子が、飛梅が道真公を慕っているかのように見えて、そして都から遠く離れて、福岡県の太宰府で亡くなった道真公を思うと切なくなりました。

風流を愛した道真公は、飛梅の花を見て、どのような想いだったのでしょう。道真公の命日に寄せて、道真公に想いをはせました。

«お寺の梅

秋月へのヒーリングのご依頼先

  • インフィニティ
    電話鑑定会社のインフィニティに在籍しています。こちらのHPで、遠隔ヒーリングのご依頼を受け付けています。

占い関連HP

  • インフィニティ ブログ
    私の所属している鑑定会社インフィニティのブログです。占い師が交代でブログを書いてます。もちろん私も時々書いてます♪ インフィニティにて、時々、無料のヒーリング・イベントも行なっておりますので、定期的にチェックしてみて下さいね。
2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ